読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.6.4〜星空〜

f:id:MOMOJIRI:20160616121843j:plain

〜星空〜
4日の、言の葉は、
星空。
梅雨が近くなると、
だんだんと、
空が曇って、
綺麗じゃなくなるかも。
でも、
夜になったら、
星空が、
見える。
雲が多くて、
その、
星空を、
目でみることは出来ない。
でも、
そんなとき、
目を閉じると、
じぶんの、
目の、
中、
心の中に、
星空が浮かんでくる。
漆黒の闇に、
キラキラと輝く星は、
あなた自身の、
その、
光る、
星々を、
心の中で、
いつも、
想像する。
あなた自身が、
スターなのだ。
星空を、
想えば、
みなが、
暗闇の中に光る、
光そのものだ。
星だ。
あなたが、
キラキラ輝く、
星であるように。 
 
 
 
  
2016.6.4
 
 
 
 
曇っていても、
雨が降ってても、
ちゃんと空には、
星がある。
いつでも、
キラキラ輝いている。
そう、
見えなくても、
見えないときがあっても、
ちゃんとあるんだ。
だから、
目を閉じてみよう。
そこには、
満天の星空が見える。
光り輝く星たちの供宴だ。
まばゆいばかりの、
光を放つ、
星々の中に、
あなたの星が見えるでしょう。
星はあなたそのもの。
みな、
輝くスター。
スター誕生の時から、
ずっと、
キラキラと、
輝きつづけている。
忘れないで、
あなたは、
生まれながらに、
光り輝く、
スターなのだから。
 
  
 
 
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。