読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.28〜 愛しましょう全てのものを〜

f:id:MOMOJIRI:20160605111757j:plain

〜愛しましょう全てのものを〜
はい、
28日の言の葉は、
愛しましょう全てのものを。
愛って不思議ですね。
人によってカタチが違う。
その人にとって、
愛情深いものでも、
他の人にとっては、
それが、
とても重かったりします。
さまざまに、
カタチを変える、
想いは、
純粋でも、
純粋であればあるほど、
人にとって、
その、
純度の濃さが、
重さや、
苦しさに変わります。
重い、荷物。
重い、愛。
愛も、
重たさが、
必要なときと、
もっと軽くていい時と、
あるはずです。
愛情は、
一方通行でも、
お互いが、
愛し合っていても、
愛には、
変わりはありません。
しかし、
その、
愛で、
誰かを、
傷つけることは、
ないように。
その愛が、
人によって、
自然によって、
存在する全てを、
愛していけるような、
本当の意味での、
おおらかな愛で、
ありますように。
今あなたを包んでいる愛は、
もう、
あなた自身を、
大きくするためのものです。
愛とは、
愛と想う、
その気持ちで、
膨らんでいきます。
愛することを、
まずは、
始めましょう。
もう、
愛は、
溢れているのですから。
愛して、
いきましょう。
 
 
 
 
2016.5.29
 
 
 
 
愛を語る。
スイーツのように、
甘い愛。
それとも、
ビターチョコレートのような、
甘さ控えめな愛。
もしくは、
ブラックコーヒのような、
ほろ苦い愛。
やっぱり、
蜂蜜のように、
甘くて、
でも、
花の蜜によっても、
ぜんぜん違う甘さの愛。
とても、
語り尽くせない。
いつも、
同じ味ではないから。
だから、
ゆらゆらしちゃうのかも。
いつも、
同じ味なんて、
飽きちゃうし、
なんだか、
それこそ味気ない。
ゆらゆらと、
揺らいでるから、
もっともっと、
と、
思うのかも。
なかなか、どうして、
いくら味わっても、
味わい尽くせない。
愛のさじ加減、
さてさて、
今日は、
どうしようかな?
  
 
 
      
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。