読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.1〜このまなざしをみよ〜

f:id:MOMOJIRI:20160502030222j:plain

〜このまなざしをみよ〜
はい、
今日の、言の葉は、
この、
ま・な・ざ・し・を・
みよ。
あなたの瞳の中になにが写っていますか?
いつもあなたの心を映す鏡のように、
その瞳に曇りはないですか?
少年少女のように、
澄んだ瞳。
その、
まなざしの奥にある、
清らかな、
心。魂。
そこにある、
あなたの想い、まなざしをみて、
人は、
さまざまなことを想います。
あなたのその瞳に、
一点の曇りもなければ、
魂は、喜び。
その、
喜びとともに歩めるでしょう。
しかし、
その、まなざしに、
翳りがみられるならば、
今一度、
問うて欲しいのです。
このままで良いのか、
本当にそれで良いのかと。
あなたは、
自分自身に、
嘘をついてはいませんか?
一点の曇りもない瞳。
その、
清らかな、
美しいまなざしを、
あなたは、
思い出しましょう。
忘れないで欲しいのです。
誰しもが、
持っている、
清らかな、曇りのない、
瞳を。
 
 
 
 
 
 
2016.5.1
 
 
 
 
 
 
瞳は鏡。
磨かなければ、
曇ってしまう。
磨くのは、じぶん。
魂に磨きをかけましょう。
憧れるのは、
強く、美しい、
眼差。
静かで、穏やかな、
眼差。
温かで、朗らかな、
眼差。
それとも・・・
瞳は、
その奥にある、
眼差を映し出す鏡。
眼差には、
嘘偽りのないじぶんが、
投影される。
瞳の奥にある、眼差の想いをみる。
ゆっくり、じっくり。
鏡に映る瞳の奥の奥。
魂の願いが、
眼差を通して、
瞳に宿る。
 
 
 
 
 
  
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。