読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.4.9 〜未来をみる〜

f:id:MOMOJIRI:20160410001115j:plain

〜未来をみる〜
本日の、今日の言の葉。
未来をみる。
そこには、
自分自身を、
映し出す鏡があります。
鏡の中に見える自分は、
どこを向いてますか?
自分自身は、
何をみているのでしょう?
自分の望む、
未来を、
そこに映し出しているのでしょうか?
そこには、
光と、闇と、
あ、き、ら、か、に、
自分自身を
そこに、
映し出す、
ものが、
いくつかあります。
自分は、
その中から、
選ぶ、
ことを、
しないといけません。
もう、
自分の中に、
決まっている、
未来に対する想いを、
その、
中から、
選ぶのです。
いくつもの、
中から、
選んだ、
中から、
自分は、
本当に、
合っているかと、
考えるでしょう。
その中にあるもので、
本当に、
正しいのかと。
でも、
迷わずに、
選ぶのです。
迷って、
選ぶと、
自分は、
どこから、
どう、
行けばいいのか、
見えなくなります。
迷わずに、
選ぶのです。
直感と、
自分自身を信じて。
さぁ、
そこにあるものを、
考えて、
選びましょう。
 
 
  
2016.4.9
 
 
 
未来をみるということ。
じぶんの中にある未来を、
鏡に映す。
それは、
忘れている、
ほんとうのじぶんを、
想い出すこと。
望む未来は、
いつでも、
じぶんの中にある。
その、
未来を、
選ぶために。
迷わずに、
選ぶために、
じぶんの、
直感で、
じぶんを、
信じて。
 
 
 
 
 
 
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。