読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.6.5〜海辺のとき〜

f:id:MOMOJIRI:20160616121931j:plain

〜海辺のとき〜
海辺のとき。
あなたは、
最近、
海に行きましたか?
海で泳ぎましたか?
泳がなくても、
浜辺を歩いたり、
ずーっと、
波を、
眺めていたり、
その波と、
戯れてみたり。
海辺で、
ゆっくりとした時間を、
過ごしてみてはどうでしょうか?
ただ、
波の音を、
聴く。
何も考えず、
心がすーっと、
穏やかになる。
本当は、
誰もいない海があれば、
そこはあなたの独り占めの、
プライベートビーチ。
けれども、
なかなかそうはいかない。
だから、
朝早く起きて、
浜辺を散歩するなんて、
最高の贅沢だね。
ただ、
海辺に行こう。浜辺に行こう。
海がなくちゃ、
生きていけない。
そう、思う、とき、
あなたの中に、
何をどう、
耳を澄ますと、
波の音が聞こえてくる。
青い海原。
夏が、
もう、
そこまで来ている。
あなたは、
海を、
海の、
エネルギーを貰いに行く。 
 
 
 
  
2016.6.6
 
 
 
 
夏になったら、
やっぱり海だな。
どうせだったら、
海の綺麗な、
島がいいいね。
誰もいない、
プライベートビーチだったら最高!
波の音に抱かれて、
のんびり、
昼寝をしたり、
パラソルの下で読書もいいね。
お供は、ビール?
いやいや、
ミントの爽やかな、
モヒートが好みだな。
ビールも好きなんだけどね。
ときどきは、
海に飛び込んで、
波とずっと戯れる。
そうして、
海と同化して、
いつの間にか、
身も心もほどけていくんだ。
そんな、
ゆったりとした時間。
とびきり贅沢な、
ご褒美だね。
 
  
 
 
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。