読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.6.1〜種を植えましょう〜

f:id:MOMOJIRI:20160610020616j:plain

〜種を植えましょう〜
はい、
言の葉は、
種を植えましょう。
種を植えましょう。
耕した土、
瑞々しい、
清らかな水。
水耕栽培でも、
土に蒔くのでも、
どちらでも良いのです。
さあ、
種を蒔きましょう。
あなたの種は、
どれだけ蒔かれるのでしょうか?
種を蒔き、
蒔き続け、
そして、
また、蒔く。
もう蒔いたことを忘れてしまう位、
蒔き続けましょう。
蒔いた種は、
あなたの、
後に、
道をつくります。
目が出るかは、
出ないか、
わかりませんが、
それでも、
あなたの後に、
種の道が、
出来ます。
蒔いて、
そして、
水をあげる。
水は、
あなたの、
夢です。
あなたの、
心から、
望む、
こと。
それが、
栄養です。
 
 
 
  
2016.6.1
 
 
 
 
種を蒔く。
毎日、毎日、
種を蒔く。
その種は、
なんだろう。
どんな種だろう。
どれくらい、
蒔けばいいのだろう。
来る日も、来る日も、
蒔き続けてるのに、
ちっとも芽がでない。
もう、
いいや。
蒔いたって、
芽が出ないのに、
蒔くのが無駄になる。
それは、
蒔く種を、
間違えてるのではいかな?
蒔く順番が違う。
そうするとね、
栄養が行き渡らないんだ。
あなたの、
夢の種なんだから、
一番に、
蒔かないと、
ちゃんと植わらない。
根付かないんだ。
コツはね、
最初に蒔くこと。
そして、
ずっと蒔き続けること。
蒔いたら、
忘れるの。
芽が出るまで、
放置。
決して、
芽が出ないからって、
掘り起こしたりしちゃ、
ダメだよ。
夢の種なんだから、
ずっと、
蒔き続ける。
蒔くのを止めたら、
夢は儚く、
消えちゃうよ。
 
 
  
    
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。