読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.25〜 子どもたち〜

f:id:MOMOJIRI:20160526162214j:plain

〜子どもたち〜
はい、
25日の言の葉は、
かわいいなぁ、
子どもたち。
子どもたちの未来を見据えて、
今、
何をしようか。
大人は、
子どもの未来を、
将来を、
どう捉えて、
ステージを、
用意するのか。
子どもたちは、
みな、
自由に、
のびのびと、
成長していく。
そのためには、
大人たちが、
子どもたちのために、
出来る、
ことを、
用意する。
それは、
大人の描く、
道を、
子どもに、
歩かせるためではない。
大人たちは、
時として、
自分の、
理想や、希望を、
子どもに託し、
がんじがらめにしてしまう。
それでは、
本来の、
子どもである、
魂が、
のびのびと、
生きられるはずもない。
どうか、
気づいて欲しい。
あなたの子も、
血が繋がっていなくても、
子どもたちは、
みな、
宝なのだ。
他人の子だから、
自分の子だから。
子どもがいる、
いない、
そんなことよりも、
もっと、
大きな愛で、
子どものために、
大人は、
生きて、
準備しなければ。
大人が、
大人であるように。
子どもが、
子どもで、
いられるように。
 
 
 
  
  
 
2016.5.25
 
 
 
 
 
 
子どもがいる。
いない。
好きか、嫌いか。
そういう個人レベルでの話は、
さておき。
その、
子どもの持つ、
本来の成長を、
大人たちが、
妨げてはいないだろうか?
血が繋がっている、
自分の子だというだけで、
自分の都合の良い、
ルールを押しつけ、
レールを弾こうとはしていないだろうか?
人は、
誰しも、
エゴを持つ。
そのエゴの犠牲に、
子どもたちがなってはダメだ。
『あなたのため』
という、
足枷で、
知らず知らずに、
自由を奪う。
気づかないうちに、
縛り付けている。
それすら、
気づかない大人の、
なんと多いことか。
大人は、
大人が思うほど、
大人でもなく。
子どもも、
大人が思うほど、
子どもではない。
ひとつの魂として、
いま、
そこに、
等しく存在している。
 
 
 
 
   
     
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。