読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.24〜 かまえないで〜

f:id:MOMOJIRI:20160526162113j:plain

〜かまえないで〜
はい、
24日の言の葉は、
かまえないで。
あなたはなにを思って、
そんなにガードを固くしているのでしょうか?
もっと、
心の、
扉を開いて、
頑なな、
想いや、
心を、
解放しましょう。
自然に、
発生する、
己を守ろうとする、
防御壁。
それは、
時として、
邪魔なものであるかもしれません。
隣の家と、
自分の家の境。
壁があれば、
囲いの中が、
自分自身の防御壁。
テリトリーになりますが、
固く、
守られた、
その中にいることで、
解放されていく、
外に出て行こうとするエネルギーを
閉ざす可能性があります。
では、
防御を頑なにせず、
けれども、
心が傷つくことなく、
解放に向かおうとするのには、
どうすればいいのでしょうか?
少しずつ、
あなたの中で、
いらなくなったものを、
もう、
自分にとっては、
過ぎて行ったもの。
忘れてしまいましょう。
そして、
硬い、硬い、
心をほぐすように、
そばにある、
やわらかなもの、
温かいものに触れましょう。
なければ、
それらを、
探しに行きましょう。
やわらかな、
ものに触れることで、
自然に、
心が溶かされ、
やわらかく、
砕けていきます。
さぁ、
心をまあるくする、
訓練ですよ。
 
  
 
 
 
 
2016.5.24
 
 
 
 
 
 
硬い殻に、
閉じこもってばかりいるのは、
そろそろ、
終わりにしょうか。
ほんとうは、
いつだって、
そこから、
出て、
外の世界に、
身を委ねてみたいと、
ずっと、
思ってる。
でも、
ここは、
とっても居心地が良くて、
良すぎて、
なかなか外に、
出られなくなってるんだ。
では、
どうだろう。
その、
重たくなってしまった扉を、
無理に、
開けようとするのではなく、
まずは、
窓を開けてみたらどうかな?
風が入るように。
そして、
少しだけ、
扉を開いてごらんよ。
そうすると、
風が通り抜けて、
いくようになるから。
重くなった扉でも、
ほんの少しなら、
君にでも、
開けられるはずだよ。
外からは、
まだ、
中は覗けない。
そんな程度で充分だから。
窓を開けて、
次に、
扉を。
試してみて。
 
 
 
 
   
     
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。