読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.20〜 ミルキーウェイ〜

f:id:MOMOJIRI:20160526161728j:plain

はい、
それでは、天の言の葉は、
銀河を望む時、
その、美しい星々を、
いつも、想い描く。
星に想いを願いを、
のせて、
大宇宙の中で、
銀河系。
とりわけ、地球のある、
太陽系は、
色々な、
ユニークな、
惑星たちが、
大きな、小さな、
惑星。
そして、
その、
惑星たちは、
地球に、何かを、
届けてくれている。
銀河系、
そして、
太陽系。
宇宙空間は、
無限に広がっている。
漆黒の闇の中で光り輝く星たち。
光る、
星。
届けよう。
その、
輝き。
光を想う時、
星は、
あらゆるメッセージを、
カタチとして、
届けてくれる。
人は、
惑星の、
なんたるかを、
まだ、
理解していない。
本当に、
理解したときに、
もう、
驚くような、
力を、
感じるでしょう。
 
  
 
 
 
 
2016.5.20
 
 
 
 
 
 
子供の頃から、
星空を見上げるのが好きだった。
小学生のとき、
なんだか、
意味もよくわからないのに、
タイトルに惹きつけられて、
手に取った本。
たしか、
『太陽からの風と波』
そんな、
題名だったと思う。
ページをめくっても、
小難しくて、
よくわからず、
それでも、
太陽や惑星。
と、
云った文字に、
心踊らせれたのだった。
といったら、
とある、
チョコレート菓子を、
いの一番に思い出す。
名前の通り、
パッケージには、
たくさんの星が煌めいていた。
もっとも、
子どもの頃は、
その、
星のパッケージには目もくれず、
口の中いっぱいに広がる、
それはそれは、
あま〜い、中身に、
いつも、
とろかされていたのだった。
大人になった今でも、
時折、
食べたくなったりするのだが、
スーパーなどでは、
見かけなくなった。
食べたいときに、食べられないと思うと、
不思議なもので、
是が非でも、
その味を、
もう一度、
確認したくなったりする。
でもね、
たぶん、きっと、
甘すぎて、
ちょっとだけ、
閉口するはずだ。
  
 
  
 
    
     
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。