読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.11〜手放しましょう〜

 

f:id:MOMOJIRI:20160516032807j:plain

〜手放しましょう〜
はい、
天の言の葉は、
手放しましょう。
苦も知らず、
重要なものを手放す。
溜め込んだものを、
手放す。
あなたの中にあるもので、
必要なものと、
そうでないものを、
分けましょう。
前に進もうと想えば、
何かを、少しずつ、減らして、
身軽になってはどうでしょうか?
重いままでは、
なかなか、
前に進むこともままなりません。
あなたの持っている運気は、
袋の中にある、
空きがなければ、
そこには、
何も入りません。
新しいものを、取り込むとき、
代わりに、
何かが、
循環するためには、
離れていきます。
その、
離れていく、
手放すという、
行為、行動、
そうしたことを、
忘れていませんか?
忘れていたら、
思い出して、
少しずつ、
スペースをつくりましょう。
もし、
なかなか、
それが出来ないようであれば、
まずは、
区分けしましょう。
必要なもの、
そうでないもの。
 
 
 
 
 
 
2016.5.11
 
 
 
 
 
 
手放すこと。
そうだ、
味わって、
味わい尽くしたら、
手放そう。
迷わずに、素早く。
いつまでも、
そこに、
留まってなんかいられない。
もう、
味わったのだから、
大丈夫。
忘れてしまっても、
じぶんの中にあるから。
魂は記憶してるから。
だからね、
いつまでも、そんな風に、
後生大事に、
抱え込んでいないで、
天に向かって、
手放せばいいんだよ。
次から次へと、
新たなものが、
やってくるんだから。
ほら、
さっさと、
空きスペース、
創っとかないとね。
 
 
 
 
   
 
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。