読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.7〜あなた〜

f:id:MOMOJIRI:20160510193804j:plain

〜あなた〜
はい、
本日の言の葉は、
YOU。
あなた。
あなたはいま、
自分のことを考えています。
そして、
他人のこと、
自分の周りにいる人のことも。
自分と、人との、関わり。
そこの、中で、
どのような、
役割と、
関係性を築くか。
わたしと、あなた。
あなたは、わたし。
立場が変われば、
あなたは、
常にわたしです。
相手の立場に立って、
物事を考える。
なかなか出来ることではないかもしれませんが、
いつも、
そのことを意識する。
あなたは、
わたしなのです。
あなたは、
あなたではないのです。
あなたは、あなた。
わたしは、わたし。
その関係性からは、
孤立したものしか生ないのではないでしょうか?
もし、
立場が逆になれば、
私は貴方であなたはわたしです。
そのことに気づけば、
自分だけが、相手だけが、
そのような、
考えからは、
卒業できるでしょう。
 
 
 
 
   
 
2016.5.7
 
 
 
 
 
 
わはたし、わたし。
あなたは、あなた。
自立してカッコイイように思える。
けれど、
人はみな、
一人では生きてはいけない。
はずなのだ。
少なくとも、文明社会では、
誰かと関わらずに生きることなど、
到底、
出来はしない。
そんな中で、
あなた。
という存在を、
どのように意識すればいいのだろう。
わたしは、わたし。
で、
あなたは、あなた。
ではあるのだが、
たまに、
でもいい、
ほんの少しでもいいから、
意識してみる。
あなたは、わたし。
わたしは、あなた。
もう、
その瞬間から、
シフトチェンジする。
見える世界が違ってくる。
そんな、
切り替えのスイッチを、
いつでも、
意識して使えれば、
自分だけが、相手だけが。
わたしは、わたし。あなたは、あなた。
という、
枠の中から、
自由に抜け出して、
わたしも、あなたも、
もっと、
愛おしく思えてくる。
さぁ、
今から、
わたしは、
あなた、
で、
あなたは、
わたし。
 
 
 
 
   
 
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。