読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.5.3〜ホワイトカラー〜

f:id:MOMOJIRI:20160503191620j:plain

〜ホワイトカラー〜
はい、
本日の言の葉は、
ホワイトカラー。
白い、
その、色に、
あなたは、
心が溶けていきます。
心を無にする、
何かをしたときに、
起きる、
想い。行動。
それらを、
写し、
白く、
なにものにも染まらず、
色に、
置き換える。
純真無垢な、
白い色。
全ての色に、
染まる、
可能性がある、
その色。
その色を、何色に、
染めていくかは、
人それぞだが、
数点の、
色を、
混ぜ合わせれば、
いつしか、
その色は、
濁ってしまう。
クリアに、
白い。
無垢な、
紙の、色。
布の、色。
そ・れ・の・
色を、
染める。
その、
染め上げる色。
美しく、
染めあげたいと、
誰もが願う。
己の、行動や、心構え。
そうして、
なにかを想いやる気持ち。
そうした、
美しく、濁りのない、
染め上がる前の、
白。
白い色を、
より、
白く。
その後に、
染め上げる色を、
鮮やかにします。
 
 
 
 
 
 
2016.5.3
 
 
 
 
 
 
白は、
その白さゆえに、
他の色を鮮やかに演出する。
白が白いからこそ、
色が映える。
美しく、
鮮やかに。
しかしながら、
どんなに鮮やかな色であろうと、
混ぜすぎれば、
その色は濁ってしまう。
濁った色は、
白い色から、光を奪う。
奪われた光は、
白から、白さを奪う。
どんなに鮮やかな色も、
混ぜ過ぎれば、
濁り、
いつしか黒になる。
じぶんの望む色に染め上げたければ、
白が、
白であるように、
色の配合が鍵となる。
 
 
 
 
  
 
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。