読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.4.25〜二葉〜

f:id:MOMOJIRI:20160426202023j:plain

〜二葉〜
はい、
今日の、言の葉は、
二葉。
二つの葉。二葉。
植物が分かれて、緑を生む。
その、
葉っぱは、
幾重にも、
分かれていくように、
きもちの中に、
根を、
生やす、ための、
種ができた。
種は、
いつしか、
緑の葉を帯び、
芽を、
上へ上へと伸ばしていく。
人の中で、
じぶんの葉を、
どのように、
伸ばしていこうか?
ひとつの葉。ふたつの葉。
二葉であろうと想うならば、
人との協力を、
惜しみなく、
自分自身も兼ねていたいと思う。
そう、
人はみな、
ひとりでは生きられぬ。
だからこそ、
ふたつのものを、
大事に想うのかもしれない。
誰かと、なにかと、
ペアである。
そんなことを、
今日は、
考えてみたい。
 
 
 
 
 
 
2016.4.25
 
 
 
 
 
 
芽がでた。
それは、
ひとつの葉?ふたつの葉?
最初はひとつでも、
二葉。
こどもが絵に描くときは、
ほとんど、
二葉でしょ。
やっぱり、
植物もペアがいいんだね。
ちゃ〜んと、
わかってる。
二葉がペアになると、
四つ葉だね。
ペアでどんどん増えてくの。
幸せがひろがるね。
増えるの早いからって、
押し合わないように。
ちょっと、
隙間もないとね。
ぎゅうぎゅうだと、
窮屈だし、
下の方に、
日があたらなくなるから。
上だけが、
お日様の光を浴びるでしょ。
それって、
ちょっとズルくない?
ペアで協力しながら、
みんなで、
日光浴したいよね。
おもいっきり、
伸び伸びとね。
 
 
 
 
 
   
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。