読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.4.24〜藤娘〜

f:id:MOMOJIRI:20160426201949j:plain 

〜藤娘〜
はい。
それでは、
本日の、天の、言の葉は、
花をみよ。
美しき、藤の花。
藤娘。
そこに、
佇んでいるのは、
美しき姿の女性、
藤娘。
今、
この季節、
美しい花を咲かせています。
美しく咲き誇る花々からエネルギーをいただきましょう。
藤の花は、
高貴で、可憐で、
そして、
どこか、
憂いを帯びて、
けれども、
その、
風にたなびく、やわらかな姿。
風にそのまま、
流れをみる。
その、
美しき姿を。
あなたは、
その、
姿に、
魅了されます。
そして、
その、
美しいエナジーを、
じぶんのなかに、
たくさん、
取り込みましょう。
美しきものに触れるということは、
とても、やわらかな、
きもちで、
そして、愛を、
感じていなければ、
いけません。
美の、
あり方、感じ方は、
それぞれ、
みな、
心に、ある。
その、心の、有り様と、
調和して、
姿をみせるのです。
藤の花は、
今、
あなたを待っています。
さぁ。
 
 
 
 
 
 
2016.4.24
 
 
 
 
 
 
藤の花を、
愛でる。
さらさらと、流れるように、
風にたなびく、
その、
姿。
美しく、高貴な、
妖艶ともいえる、その、姿の向こうに、
藤娘が、
見え隠れする。
うっすらと、
微笑んでいるようにみえた。
次の瞬間、
その姿は、
ふわりと、
風の向こうへと消えた。
かと、思えば、
また、
たなびく、
藤の花びらの隙間から、
見え隠れする、
藤娘。
その、
赤い口元に、
やはり、
うっすらとした、
微笑みがみえた。
美の粒子を、
振りまきながら、
藤娘は、
藤の花を、
咲かせているのです。
うふふふふ。
どこからか聞こえる、
笑い声とともに。
 
 
 
 
 
   
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。