読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.4.21〜みどり〜

f:id:MOMOJIRI:20160421161552j:plain 

〜みどり〜
はい。
今日の言の葉は、
みどり。
青々と茂る、
木々の、
中で、
森林浴をする。
心も、
身体も、
リフレッシュ。
さぁ、
何処の、
森を目指します。
風を受け、
木のざわめきと、
むせるような、
濃い、
みどりの匂いを、
嗅ぎながら、
その、
エナジーが、
浄化をしていきます。
こころも、
魂も、
鳥のさえずりと、
音。
もう、何も、
聞こえなくなるまで、
森の声を、
聴くのです。
小さな音から、大きな音。
鳥に混じって、
なにか聞こえる。
そこはあなたの森です。
緑色に光る、
木々。
緑色に光る、
ひかり。
みどりは、
その、
存在そのもので
あなたの気持ちを、
溶かしてゆきます。
自然界のみどり。
その、
有り様を、
あなたは、
もう
傷つけることができません。
山や、海や、森を、
守る。
その、
行為を、行動を、
示さなければいけません。
もう、
エネルギーを、
貰うだけではいけないのです。
還す立場に、
なるのです。
 
 
 
 
 
 
2016.4.21
 
 
 
 
 
 
みどりあふれる、
森の中で、
ふかく、ふかく、
深呼吸する。
むせるような、濃密なエナジー。
まとわりつくような、
空気の粒。
みどりのシャワーを浴びながら、
その、
みどりに溶け込み、
木々と同化する。
足下からは大地へと、
手の先からは空に向かって、
エネルギーの束が、
伸びていく。
ほら、
もう、
森の一部だ。
森がわたしだ。わたしの森だ。
ひかり輝く、みどりが輝く、
みどりの葉が伸びていく。
ぐるぐるぐるぐる、
螺旋状に。
みどりのシャワーを、
ふりまいて。
 
 
 
 
  
   
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。