読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.4.16〜さわぐな〜

f:id:MOMOJIRI:20160416044858j:plain

〜さわぐな〜
はい。
本日の天の言の葉は、
さわぐな。
騒がしい、外の音に、
あなたはいつも、心乱されています。
けれど、
その、
音、
騒がしさに、
耳を、
傾けてみましょう。
雑音と思われる音が、
よーく、
なにか、
じぶんにとって、
情報となる、
音を、
ただ、
音として、
伝えてきていることがあります。
その、
騒がしさの中から、
静けさを、
じぶんの中に、つくれるようになれば、
その音は、
すでに、
雑音としてではなく、
情報が、
なにもない、
音として、
心地よさを、伝えてきます。
ただ、
音として、
聴くのです。
騒がしさとは、静けさの裏返し。
心に、
ざわめきを、
覚えるならば、
その、
ざわめきが、
さざ波のように、
静まる、
イメージを、
持ちましょう。
心騒がしく、ある時、
無理に、
鎮めようと、
思わないで。
 
 
 
 
 
   
2016.4.16
 
 
 
 
 
 
現代は情報がいっぱい。
見たくない、聞きたくな、
そんな、
雑音だらけでイライラ。
音を遮断する、
ヘッドフォンがあるくらいだからね。
それくらい、
いつも音で溢れてる。
たまには、
音のない世界に浸ってみてはどうかな?
無音。
それは、
なかなか難しいことだとは思うけど。
静まりかえった世界に、
身を置いてみると、
音の意味というか、
存在というかね。
あると煩わしいものも、ないとさびしかったり。
たぶん、きっと、
バランスの問題だから。
どうやって付き合うかだよね。
音に限らずね。
たとえ、
周りが音だらけでも、
心はさわがないように。
心の中は静かに。
そう、
なれるように。
 
 
 
 
 
    
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。