読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.4.10 〜見えないものをみる〜

f:id:MOMOJIRI:20160410223041j:plain

〜見えないものをみる〜
言の葉の意味は。
見えないものをみる。
あなたの中にある、
心の中にある、
見えないもの。
見えるもの。
それは、
どうしたら、
わかるのでしょうか?
見えるものと、見えないもの。
人にはなぜ、
ふたつのものを、
同時に、
理解できない、
心があるのでしょう。
見えるもの、見えないもの。
なぜ?
そうしたものが、
あるのでしょうか?
大切なのは、
それを、
どのようにして、
感じ。
そして、
どのようにして、
人にとって、
じぶんにとって、
なにかを、
想える、
存在にするのでしょうか?
見えないもの、見えるもの。
どちらも大切であり、
そして、
その、
どちらも、
あってもなくても、
同じように、
じぶんの中に、
いつも存在しています。
そこから、なにかを、
見ようと思えば、
きっと、
見え、
感じとることができましょう。
見えること、見えないこと。
大切なのは、
その、
どちらでもある。
どちらもあって、
ひとつです。
 
 
   
2016.4.10
 
 
 
見えるものと、見えないもの。
いつでも、
その存在のありかたを、
問いかけてみる。
じぶんにとって見えるもの。
じぶんにとって見えないもの。
それは、
必ずしも、
すべてではないはず。
見えても、見えなくても、
存在している。
そのことに、
かわりはない。
見えても、見えなくても、
そこに、
ある。
あるのだから、
感じればいい。
 
 
 
 
 
 
  
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。