天の言の葉

あなたを導く 光り輝く 天から紡ぎ出された 言の葉と印

2016.6.7〜問答をしてみよう〜

f:id:MOMOJIRI:20160625191405j:plain

〜問答をしてみよう〜 続きを読む

2016.6.6〜バリュープライス〜

f:id:MOMOJIRI:20160619233302j:plain

〜バリュープライス〜 続きを読む

2016.6.5〜海辺のとき〜

f:id:MOMOJIRI:20160616121931j:plain

〜海辺のとき〜

2016.6.4〜星空〜

f:id:MOMOJIRI:20160616121843j:plain

〜星空〜

2016.6.3〜フラワーアレンジメント〜

f:id:MOMOJIRI:20160610020755j:plain

〜フラワーアレンジメント〜

2016.6.2〜パパイヤ〜

f:id:MOMOJIRI:20160610020658j:plain

〜パパイヤ〜
2日の、天の、
言の葉は、
パパイヤ。
南国のフルーツ。
夏に向けて、
日本でも、
多く、
食べられるようになっている。
とりわけ、
パパイヤは、
酵素が多く、
パイナップルに比べ、
メジャーになりきれないところがあるが、
その、
愛らしい、
ほがらかな名前。
どこか、
とぼけた感じが、
愛すべきフルーツ。
パパイヤ。
青パパイヤは、
サラダで食べれる。
アジアン、
料理で、
よく、
食される。
フルーツは、
その、
効果が、
非常に高く、
単体では、
消化がとても良く、
いつももっと、
身体が欲しがってる。
夏にできる、
南国のフルーツは、
太陽の光をたくさん浴びて、
元気そのもの。
元気を取り入れる。
それは、
食べるものから、
美味しく、
直接、
身体に、
取り入れましょう。 
 
 
 
  
2016.6.2
 
 
 
 
南国フルーツって、
どこか、
独特の味だったり、
匂いだったり、
かなり、
自己主張してて、
いわゆる、
くせ。
ってのが強いよね。
くせが強いから、
好きか、嫌いか、
けっこう、
分かれるとこだけど、
好きになったら、
その、
くせが、
病みつきになったりするから、
ほんと、
不思議。
それって、
人にも、
当てはまったりするよね。
だとしたら、
まぁ、
一度くらいは、
味見してみるのもいいんじゃない?
好きか、嫌いか。
口に合うのか、合わないのか。
味わってみないことには、
なんともいえないしね。
他人の味覚は、
あてにならないから。
 
  
 
 
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。

2016.6.1〜種を植えましょう〜

f:id:MOMOJIRI:20160610020616j:plain

〜種を植えましょう〜
はい、
言の葉は、
種を植えましょう。
種を植えましょう。
耕した土、
瑞々しい、
清らかな水。
水耕栽培でも、
土に蒔くのでも、
どちらでも良いのです。
さあ、
種を蒔きましょう。
あなたの種は、
どれだけ蒔かれるのでしょうか?
種を蒔き、
蒔き続け、
そして、
また、蒔く。
もう蒔いたことを忘れてしまう位、
蒔き続けましょう。
蒔いた種は、
あなたの、
後に、
道をつくります。
目が出るかは、
出ないか、
わかりませんが、
それでも、
あなたの後に、
種の道が、
出来ます。
蒔いて、
そして、
水をあげる。
水は、
あなたの、
夢です。
あなたの、
心から、
望む、
こと。
それが、
栄養です。
 
 
 
  
2016.6.1
 
 
 
 
種を蒔く。
毎日、毎日、
種を蒔く。
その種は、
なんだろう。
どんな種だろう。
どれくらい、
蒔けばいいのだろう。
来る日も、来る日も、
蒔き続けてるのに、
ちっとも芽がでない。
もう、
いいや。
蒔いたって、
芽が出ないのに、
蒔くのが無駄になる。
それは、
蒔く種を、
間違えてるのではいかな?
蒔く順番が違う。
そうするとね、
栄養が行き渡らないんだ。
あなたの、
夢の種なんだから、
一番に、
蒔かないと、
ちゃんと植わらない。
根付かないんだ。
コツはね、
最初に蒔くこと。
そして、
ずっと蒔き続けること。
蒔いたら、
忘れるの。
芽が出るまで、
放置。
決して、
芽が出ないからって、
掘り起こしたりしちゃ、
ダメだよ。
夢の種なんだから、
ずっと、
蒔き続ける。
蒔くのを止めたら、
夢は儚く、
消えちゃうよ。
 
 
  
    
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。

2016.5.31〜食うてみろ〜

f:id:MOMOJIRI:20160605112028j:plain

〜食うてみろ〜
はい、
言の葉は、
食わぬ、食わぬ、食わない。
食うてみろ。
食わぬがいい。
食べ物に対しての指標。
あなたは今、
浄化を必要としている。
今日は何も食べずに、
デトックスしましょう。
日頃から、
食べ過ぎ注意報が出ています。
現代人は、
食に対して、
過度な反応を示すもの、
全く、
意に介さないもの。
それぞれが、
極端な、
カタチで、
食生活を送っているのではないでしょうか?
簡単なもので済ませる人もいれば、
凝ったものを好む人。
オーガニック、
添加物、
それらは、
みな、
どういう、
意味を持つのでしょうか。
相反するものの中に、
どこか、
共通する、
答えを、
見いだせるのかもしれません。
食を考えるということは、
すなわち、
生きる、
こと、
そのものを考えることに繋がります。
昔人は、
そういう情報がない時代に、
自ら、
食べることによって、
毒を学び、
薬を、
得てきたのかもしれません。
きっと、
さまざまな、
目線からの、
指導を、
身を以って、
受けたことでしょう。
人工的なもの、
自然から得られるもの、
今現代人は、
自給自足を、
しない限り、
食の安全は保障されません、
自給自足ですら、
どの土壌で、
どの場所で作るかによれば、
確実なものとはいえないのかもしれない。
ではどうするか?
自分自身の中で、
どこまで、
情報を信じ、
自分に、
活かすか。
それは、
食だけではありません。
がんじがらめにならない生き方とは、
すなわち、
食、
そのものも、
どこかで、
ユルい部分を作るということが、
必要なのではないでしょうか。
健康になることも、
健康であることも、
人によって、
体質、好み、環境、
細胞、
みな違います。
一つの情報を、
鵜呑みにするのではなく、
自分自身の中にとり入れ、
噛み砕き、
そこから、
どうすべきかを。
 
 
 
  
2016.5.31
 
 
 
 
食べることは、
生きること。
食べることが、大好きだから。
大好きだから、
考えちゃう。
食の安全、
etc・・・
巷には、
情報が溢れすぎてて、
もう、
なにがなんだか!
どう、
信じていいのか!
迷っちゃうよね。
だから、
決めたんだ。
身体になにが食べたいの?
って、
聴くこと。
そうするとね、
細胞の、
喜ぶものが、
分かるようになる。
今、
食べたい、
本当に必要なもの。
身体が欲するもの。
だけどね、
それは、
ちゃんと日頃から、
身体に尋ねておかないと、
ダメなんだ。
むやみやたらに、
食べまくる。
ってのとは、
ちょっと違うよ。
基本はもちろん、
好きなもの。
そう、
好きなものでいいんだ。
ジャンクなものが好きだって?
ふふん、
ジャンクなものでもいいよ。
お酒だって、
OK。
なぜって、
身体の機能が狂ったら、
必ず、
どこかにサインが出るからね。
でも、
そのサイン。
黄色のうちに出てくれないと、
赤信号では、
遅いかもよ。
それ、
肝に銘じててよね。
  
 
    
     
今日の言の葉。
ありがとうございます。
愛と感謝を込めて。